横向き寝でいびきを改善可能。横寝で気道の圧迫が抑制される

横向き寝でいびきを改善可能。横寝で気道の圧迫が抑制される


横向き寝でいびきを改善可能。横寝で気道の圧迫が抑制される

いびきは、上気道がなんらかの原因で狭くなる事が原因で起こります。

狭くなった気道を空気が通ろうとし、

その時の空気抵抗で粘膜が振動し、いびきが起こります。

この状態を上気道抵抗症候群と言い、

習慣的ないびきがみられます。

いびきは放っておくと、

同居人に迷惑をかけるばかりでなく、

狭くなった気道で無理に呼吸をするため体に負荷がかかり、

しっかり寝ているのに疲れが取れないなど、健康を害したり、

日中の仕事や勉強への集中力を低下させる原因となります。


いびきによる口呼吸でのデメリットとは?


いびきによる口呼吸でのデメリットとは?


いびきは口呼吸になることが多いため、

喉にダメージを与えてしまい、

風邪をひきやすくなったり、

口臭の原因、歯並びが悪くなるなど、

様々なデメリットが生まれます。

上気道を狭めてしまう原因として、

寝ている時の姿勢が関係してきます。

仰向けで寝てしまうと、

重力で舌の付け根など

上気道の周りにある組織が喉奥に落ち込んでしまい、

気道を狭めてしまうのです。



上気道を広げるために一番いい姿勢は「横寝」です


上気道を広げるために一番いい姿勢は「横寝」です

横寝の姿勢にするだけで、

随分と改善されます。

現在は横寝用の枕などもたくさん売っているので、

自分にあった枕を探すのも良いでしょう。

しかし、いびき対策として枕やマウスピース、

睡眠時に口呼吸になる事を抑えるテープなども売っていますが、

そうしたグッズに頼るばかりでなく、

適度な運動などを行い、

生活習慣を変えていく事も必要であると考えます。



いびきの原因は寝る時の姿勢だけでなく、ストレスも


いびきの原因は寝る時の姿勢だけでなく、ストレスも


日々のストレスや過剰な飲酒・喫煙、肥満気味であることなど、

生活習慣や体型などが関わっていることもあります。

まれに、元々の歯並びや、

顔の輪郭などが原因であることもあるので、

生活習慣の改善や適度な運動、

寝る姿勢などを変えてもいびきの改善がされない場合は、

一度病院で検査をしてもらうことも一つの手段です。

睡眠外来や内科、

耳鼻咽喉科などでも診てもらうことができ、

痛みを感じるような検査もありません。

まずは気軽に試せる、寝る姿勢改善から、

ゆっくり一つずつ改善していくと良いでしょう。


YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!

YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート