横向き寝は妊婦さんにオススメ。仰向け寝は母体の負担大

横向き寝は妊婦さんにオススメ。仰向け寝は母体の負担大


横向き寝は妊婦さんにオススメ。仰向け寝は母体の負担大


妊婦に寝方で正しいのは横寝といわれていますが、

基本的には母体が苦しくない寝方をすることが一番重要です。

妊娠中期以降は日増しにお腹が大きくなっていきます。

なので、仰向けで寝ることが辛くなる妊婦が多いです。

なぜかというと、

大きなおなかを支える腰回りの筋肉に

負担がかかってしまうことがおもな理由です。

仰向けで寝ることでおなかの張りを感じたり、

腰痛がひどくなったり果てには気分が悪くなる人もいます。


横寝が正しい妊婦の寝方といわれるのには理由がある


横寝が正しい妊婦の寝方といわれるのには理由がある

横寝が正しい妊婦の寝方といわれるのには理由として、

睡眠をしっかりとることと睡眠の質を上げることです。

仰向けで寝ることによって息苦しさを感じたら

血中の酸素濃度が低くなっていることが考えられます。

すると、赤ちゃんに十分な酸素が送られない可能性もあります。

それは大げさな言い方をすれば、

赤ちゃんの発育に影響されかねません。

そして怖いことは仰臥位低気圧症候群といわれる状態になることです。

これは仰向けで寝ることで大きくなってしまった子宮が静脈を圧迫して

低血圧になってしまうものです。

急激に血液が低下すると意識障害などを引き起こすこともあるので

仰向きで寝ることは控えたほうが無難です。

一番いい寝方は最初に言ったように横寝です。

妊婦さんは左向きの横寝がおすすめ

その中でも左向きの横寝です。

左向きにはメリットがあり、

背骨の太い静脈を圧迫することを防ぎます。

この静脈は右横にあるので左向きで寝ることで低血圧の誘発を防ぎます。


妊婦さん寝方「シムスの体位」の方法とは?


妊婦さん寝方「シムスの体位」の方法とは?


シムスの体位とは、

イギリスの産婦人科医が考案した方法です。

もともとは昏睡状態の人の気道確保のために使われていた方法ですが、

妊婦にとっても非常に効果的です。

方法は、左を下にして左腕と左足は後ろに引いて右側を前にかぶせます。

両ひざは辛くないように曲げます。

すなわち軽いうつぶせの状態になります。

これがつらいときはクッションや抱き枕で調節したり、

布団などで調節します。

これを参考にして自分が一番安眠できる体制を探し質のいい睡眠を心がけます。



YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!

YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート