横向き寝で腰痛を軽減。仰向けで痛いときは横寝で回避を

横向き寝で腰痛を軽減。仰向けで痛いときは横寝で回避を


横向き寝で腰痛を軽減。仰向けで痛いときは横寝で回避を


普段から歩く姿勢が悪かったり、

いすに座る姿勢が悪いと腰痛になる可能性が高くなります。

例えば、パソコンを操作するときには前屈みになってしまう人がいますが、

この場合おなか側の筋肉がゆるみ背中側の筋肉が緊張する状態になります。

適度に背筋を伸ばしていれば問題ありませんが、

何時間も集中して背中を丸めてパソコンの画面を覗き込むと、

次第に背中側の筋肉が緊張して痛みを伴う可能性が出ます。

これが腰痛になりますので、普段から姿勢を正しくしておくことが必要です。

また、歩く姿勢も前かがみになって歩いている場合には、

腰痛になる可能性があるため注意をしなければなりません。

腰痛の状態が続くと、

出ている時も苦痛になってくるとが少ないでしょう。



仰向けよりも横寝が腰への負担は軽くなる



仰向けよりも横寝が腰への負担は軽くなる


眠る姿勢は人によって異なりますが、

あおむけで眠っている人にとっては

それが一番快適な姿勢ですが腰痛を伴う場合には

あおむけの姿勢はやめた方がよいでしょう。

この場合、どのようにしたらよいかといえば

横寝をすることが重要になります。

あおむけの状態だと、

重心が腰にかかってしまいますので腰の負担が大きくなってしまう可能性があります。

これに対して、

横向きに眠るようにすると

腰にはそれほど負担がかからないため楽な姿勢の可能性が高いです。


腰への負担軽減は寝返りの工夫



腰への負担軽減は寝返りの工夫


ただし、実際には人によってどのような姿勢がよいかは異なってきますので

いろいろ試してみる必要があるかもしれません。

もし横向きに寝ても痛い場合には、

別の方法をとるのがよいかもしれません。

基本的に、なら時間も8時間もずっと同じ姿勢で寝ているよりも、

寝ている最中に寝返りを打ったりする方が

力のかかる部分を分散することができます。

そのため、時折寝返りを打つようにする工夫が必要になるでしょう。


ただ、根本的な解決になるかといえば根本的な解決にはなりにくいため、

やはり坐っている姿勢とあるいているときの姿勢を正す必要があります。

できるだけ胸を張るように歩けば、

すぐに治らなくても時間をかけ出直すことは可能になるはずです。


YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!

YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート

FX業者