心身の健康は「早起き」から。


YOKONE2(ヨコネ2)で夜更かし予防!

夜ふかしは万病のもと。

心身の健康は「早起き」から!


近年の世の中は、24時間営業の店やテレビの深夜番組などがあり、夜も眠らない社会です。

こうした生活様式の変化で、夜型人間が急増しています。

世論調査などの結果をみても、ここ20年あまりの間で、日本人の平均起床時刻は30分近く遅くなっています。

夜遅くまで起きているため、年々「遅起き化」が進んでいる現実です。

しかし、人間本来の体の仕組みは数十年程度で変わるものではありません。

睡眠と覚醒をつかさどっているのは自律神経です。

自律神経には、体を必要に応じて活発に活動させる交感神経と、その逆に休養させる副交感神経があります。

通常、夜間は副交感神経の働きが強くなり、体はリラックスして眠くなりますが、明け方近くなると、交感神経の働きが活発になり、体温や血圧が上昇して目覚めに至るのです。

この生体リズムを無視して夜遅くまで起きていると、夜遅くまで交感神経が休まらず、そのうちに自律神経の切りかえがうまくできなくなってしまうのです。

しかしながら近年はここのバランスが崩れている人が非常に多いのです。

こうした乱れは、不眠症ばかりか、自律神経失調症やうつ病などを罹患しやすくし、内臓の働きも低下させて胃腸障害を起こすなど、さまざまな病気を招いてしまいます。

夜ふかしは万病のもとなのです。

ところで、これらの症状は、規則正しい早起きによって改善することができるのです。

副交感神経と交感神経が切り替わるのは午前5時頃ですので、この時間に起きるようにすれば、心身ともに健康になることができるのです。

朝型人間になれば、午前中の神経活動が活発になって免疫力が向上するので病気にかかりにくくなるというメリットもあるのです。

いきなり朝5時起床を実行するのはむずかしいでしょうから、起床時間を30分から1時間ずつ早め、それを1週間、続けてみましょう。

続けられたら、次の1週間は、さらに30分〜1時間早め、徐々に5時起床に近づけてみましょう。

不眠症の人や夜ふかし癖がついている人が早寝しようとしても、最初はなかなか寝つけないかもしれません。

そんな時は、無理に眠ろうとするより、とにかく決めた時間に起きることを徹底しましょう。

一時的には睡眠時間が短くなっても、早起きを優先することで自然に早寝になり、朝方人間になることができるのです。

日常、かなり眠くなる時期もあるでしょう。

本気で心身を健康にしたいのであれば、少々我慢をして健康を目指してみませんか?



YOKONE2(ヨコネ2)でぐっすり眠って

快適に早起きをしましょう!




YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!

FX業者