タバコや酒は不眠を招く!


YOKONE2(ヨコネ2)でも、タバコの不眠効果には勝てませんね。


寝酒や寝る前のタバコはOK?

・・・お酒とタバコが及ぼす影響は大!!

じつは5人に1人が寝酒愛好家・寝酒と寝タバコは御法度


1日が終わり、夜お酒を飲むにが至福のとき、という人もいるのではないですか。たしかにアルコールは寝つきがよくなります。しかしアルコールが分解されるとアセトアルデヒドという物質ができ、眠りを浅くしてしまいます。


また、通常私たちが眠っている間は尿をつくりにくくする坑利尿ホルモン「バソプレシン」によって、尿が出にくくなっていますが、お酒を飲むと利尿作用が高まり、バソプレシンの分泌をブロックするので、夜トイレが近くなります。さらにアルコールは舌の筋肉をマヒさせるのでいびきをかきやすく、眠りが浅くなります。


フランスの製薬会社のサノフィ社が、日本、アメリカ、フランスの3カ国7000人を対象におこなった睡眠に関する調査によれば、眠れないときにおこなう対処法は、アメリカとフランスの1位が「市販の睡眠薬を飲む」。一方、日本の1位は「お酒を飲む」でした。睡眠に悩む日本人の5人に1人が寝酒の力を借りているのです。


どうしてもお酒が飲みたい人は適量を守り、寝る直前の飲酒は避けてください。アルコールが分解される時間を考慮すると、おのずとどのくらいが適量で、寝るどのくらい前までに晩酌を済ませておくべきかがわかります。たとえば、、体重60キロの男性が3時間で分解できるアルコール量は日本酒なら1合。ビールなら中〜大ビン1本。ワインならグラス2杯。これくらいの量を就寝の3時間前まで、つまり夕飯の時間くらいまでに飲み終えていれば眠りを大きく妨げることはありません。


このほかに就寝前に避けたいのはタバコ。喫煙者は、タバコを吸わない人より睡眠時間が短く、眠りの質が悪い傾向にあります。寝る前の一服は寝酒同様、睡眠的にいいこととはいえません。

ポイント!
○寝酒は覚醒を高め、眠りを浅くするので×
○タバコは覚醒効果が高いので、寝る前の喫煙は×


いくらYOKONE2(ヨコネ2)が有能でも、

タバコを吸ったら快適な眠りにはなりませんね。。。


宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P32より引用




YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!

FX業者