睡眠時の脳を観察


「PETで睡眠時の脳を観察する」

脳の活動で観察する方法として、脳波測定以外に、PET(Positron Emission Tomography)という方法があります。

PETは脳内の血流や糖代謝などの脳機能を観察するものです。

脳の活動が活発だと、血流も増大します。

活動が低下していると、血流も低下します。

ですから、脳血流を観察することで脳の活動を観察できるのです。


「睡眠時に低下するのは思考能力」

PETで調べると、睡眠時の脳の活動は低下していることがわかります。

ただし、全体が低下しているのではなく、部分的な低下です。

知覚野や運動野の活動はそれほど低下しません。大きく低下するのは前頭葉を主とした大脳皮質です。

大脳皮質は理解力や判断力に関わっている部分です。

ということは、睡眠時には理解力や判断力が大きく低下し、休息をとっているということがわかります。


「知覚野や運動野は睡眠時でも活動している」

知覚野や運動野の働きは、起きているときに比べるといくらかは低下していますが、大脳皮質ほどの低下は見られません。

ですから、寝ている間も、視覚や聴覚などの一次的な感覚は働いています。

ですが、信号は入ってきても、それを処理する大脳皮質の部分の活動が低下していますから、充分な処理はできません。

異常な音やニオイがすると目が覚めることがあるのは、知覚野が働いていて、これらの信号が脳に入ってきているからです。

運動野も働いていますから、寝返りをうったり、動いたりします。

大脳皮質で処理できなくても、信号を受けて反射的に動くということはあります。

YOKONE2(ヨコネ2)では、観察徐波も快眠レベルに。

YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!



YOKONE2(ヨコネ2)枕の不眠症改善レポート

FX業者