免疫を高める4つのコツ


脳と体をしっかり休ませて「免疫力を高める睡眠」の4つのコツ


YOKONE2(ヨコネ2)を利用して免疫アップを。

風邪などの感染症からガンなどまで、免疫系の低下は多くの病気の原因になりますが、睡眠不足こそ、その免疫力を低下させる大きな要因です。

免疫力を維持するためには自律神経を整えることが重要で、それにはしっかり休息をとり、ストレスをためない生活をしなければなりません。

体が活動を休止する睡眠中は、副交換神経が最も活発に働いて体をリラックス状態にしている時間ですので、睡眠時間の減少は何より免疫力の低下に影響してしまうのです。


人によって体が必要とする睡眠時間は異なりますので、4時間眠ればスッキリ目覚めるという人もいれば、7時間は必要という人もいると思いますが、免疫力アップを考えれば、深夜0時から3時の間は眠っていることが望ましいといえます。

その時間帯は、人間の生体リズムとして、新陳代謝が活発になり、成長ホルモンが分泌されて、傷ついた細胞の修復作業が行われる時間だからなのです。

新しい免疫細胞を育てて免疫力をつけるためには、せめてこの3時間は眠りについていて、脳と体を休める時間にあてましょう。


免疫細胞をつくる睡眠のコツ

@深夜0時~3時は寝る:
深夜0時から3時までは成長ホルモンが分泌され、細胞分裂が活発な時間帯。
免疫細胞を増やすには、この時間帯にしっかり寝て、体を休めましょう。

A寝る前に1杯の青汁:
ケールを主成分にして作られた青汁には、睡眠を促すメラトニンというホルモンが豊富。
就寝前にコップ1杯の青汁を飲んで、グッスリ眠りましょう。

B枕の高さは、頭が3cm、首が8cm:
呼吸の通り道がなめらかなS字カーブを描くように、後頭部が3cm、首に当たる部分が8cmになるように枕を調節しましょう。

Cカーテンを青にする:青い色は気持ちを鎮めてリラックスを促す色。
寝室のカーテンなど眠るときに目につくものに青を使って、快眠環境を作ってみましょう。




ひどい不眠の時はこういった効果は感じにくいですが、

YOKONE2(ヨコネ2)で睡眠のレベルが向上してくると、

こういった小さな積み重ねのありがたみを感じることができるようになります。


YOKONE2(ヨコネ2)を一度お試しください。


YOKONE(ヨコネ)枕の不眠症改善レポート!最安値の購入方法も!


FX業者